希美ログ

カテゴリ:旅行&自然( 208 )

福島めぐり

福島は三春の「碧い月」
想像したとおりの素敵な喫茶店でした。
営業部長のいっちゃん(猫)はバルコニーにゴロン。
おそるおそる入った店内は木の香りいっぱいで、入り口で靴を脱ぎスリッパに履き替える。
なんて寛げる空間なんだろう。
今回はコンサートのため普段の店内とは違うのだろうけど、
ゆきえさんが創り出した空気感が本当に心地いい。

コンサートも素敵でしたよ。行ってよかった。ゆきえさんの朗読は「豊か」でありました。
発信することの大切さも改めて感じました。
身体の内と外にある余計なものが削ぎ落とされた気持ちにもなりました。どうもありがとう!

そして今回はせっかくの遠出。福島を旅してきました。
仙台に住む会いたかったご夫婦にも会えたし、今回は本当に行ってよかった。

f0032049_2319020.jpg

ここは山。(どこの山だ…)
後ろに小さく映るゴンドラに乗ってやってきました。
このゴンドラ。とてもとても乗りがいのあるゴンドラでした。
片道15分くらいで「一登り」ではなく「二登り」します。
しかもその「一登り」目の先に見える「二登り」目の光景がなかなか…
驚き→びびり→ワクワク→そわそわ

スキー場なので特に何もないんですけど
所々に雪が残って、ウグイスののど自慢があちこちでこだまして、
芽吹いたばかりの美味しそうな植物が所狭しと顔を出して…
「美味しそう」と思ったらお花だったんですけど。

f0032049_23311591.jpgf0032049_23321086.jpg
















ウグイスの鳴き声って興味深いですね。流派があるのだろうか…
最初の「ホー」にビブラートをつけるウグイスがいたり、
「ホケキョ」をものすごく力んで鳴くウグイスがいたり、
「ホー」や「ホケキョ」の音階も様々で本当に面白かったです。

f0032049_2337444.jpg

そしてこれ…上の写真。これは一体何なのでしょう??
私はスキーしないので分からないんですけど乗って遊ぶものなのでしょうか?
知ってる方いたら教えて下さい。

f0032049_23391521.jpg

ここは「けやきの森」樹齢300年以上のケヤキが70本以上生えている所です。
ちょっとした散策コースになっていて「これでもか」と言うくらい『マムシに注意』の看板が立っています。それにしてもケヤキの立ち並ぶこの場所、貫禄がありました。

f0032049_2344117.jpg

ケヤキの森に生えていた不思議な葉っぱ。
真っ黒くろすけみたい。
[PR]
by sawakichi3 | 2006-05-24 23:47 | 旅行&自然

「お前何やってるんだ」「山登りです」

「真冬並みの寒さで天気は曇り」今日私が聞いていたお天気情報は見事にはずれ、
まさに山登り日和となりました。今日はかれこれ10年以上のお付き合いで、
毎回お芝居や歌を見に来てくれて応援してくださる方々と高尾山に行ってきました。

初めてお会いする方も含めて今日の参加者は7人。
健脚コースと悠々自適コースに分かれ、最終的には今回の目玉「タラの芽の天ぷら」を出してくれる飲み屋さんで落ち合う事に。そうです。目的は山登りの後のうまい酒です←私は下戸。

10時に高尾山口改札にて待ち合わせ。有無を言わさず健脚コースに籍を置かせて頂き、
早速3人で山登り開始。他の4人はまずはロープウェイへ。
さすが高尾山。人が多い… でもその人の群れをどんどん抜かしながら進む健脚3人組。
私以外の健脚さんは、年長者65歳男性と45歳男性。このお二方は山登りのプロと言っても過言ではないほどで、半端なく早く、強く、軽い。そして優しく楽しい。
途中、私たちを抜かしたのは明らかに何かの競技がらみで体を鍛えにきていた、両手にダンベルもって山を走って登っていた若い男性のみ。(口を開けて見送りました)

今回は高尾山から城山へ行き、そこから下って目的のお店へと向かう予定で、
たまに楽しく会話をしながら足早に山登りを進めておりました。
高尾の山頂に行く予定はなかったのですが、私が高尾山初めてと言う事で急遽寄る事に。

そこで…  
空いたスペースに荷物を置いて水を飲んでちょっと一息。
人が多いなぁと思いながらふと脇に目をやると。
「ん?」……「もしかしてあなたは、あ○か先生??」
そしてその奥にふと目をやると。
「まさか、こんなところに篠○先生???」
声をかけると二人ともびっくりした顔で「うぉぉぉお!お前何やってるんだぁ」と言いながら近づいてくる。「いや、ちょっと山登りに…」とあまりの驚きの中当たり前の言葉を返しつつ、
以前頂いた年賀状が宛名のみで裏面がまっちろだった事など
(なぜにこんな所でこんな話をしてるんだ私…)と思いながら久々の会話にしばし花を咲かせ
「あっちに他の先生たちもいるよ」との情報をもらい早速ご挨拶に向かう。

言い遅れましたが10年ちょっと前に卒業した短大の恩師たちに会ったのです。こんな所で…

そして言われた場所に行くと…若い生徒たちに囲まれて、それらしき後ろ姿発見。
「越○先生」と話しかけるとここでもまた、「うわぁぁあ!お前何やってるんだ!!」
「ぷぷぷぅ。いやちょっと山登りにきたんですけど、先生たちこそ何やってるんですか」
「新歓だ」すなわち、新入生歓迎行事でここまでみんなで登ってきたのだそうで。
……あれ。という事は、10年ちょっと前、私もここに来たのか??と疑問を感じつつ
最後に、私の一人芝居の作・演出もして下さっている先生の所へ。「岡○先生」
「わっ。あなた何やってるんですか。」(いや、だからむしろ山登り以外に考えられない…)
と、突然、「あなた何期だったっけ?」「27期です」「みんなぁ。22期の先輩が来ています!」
「わーーーー。パチパチパチパチ」(いや、だから27期だし。ちょっと恥ずかしいし…)
異様な、そして何だかよくわからない盛り上がりの中その場を後にしました。

いや。ほんっとうにびっくりしました。いっぱい人がいるなぁとは思ったけど、
こんなにいっぱい知ってる人たちに会うなんて思ってもみませんでした。
そしてきっと私は10年ちょっと前にここに来たことがある…
何にしても、今日出会えたのが驚きと共にとてもとても嬉しかったです。

山には桜がまだきれいに咲いていて、山ツツジも鮮やかに美しく咲いていて、
風と土はとても優しく柔らかく、お日様はぽかぽか暖かく、
桜吹雪がひらひらと、どこからともなく舞い落ちる山道は本当に気持ちよかったです。
そしてタラの芽の天ぷらはまた非常においしかった。
今日新しく出会った方々はとても素敵な女性お二人で、また是非お会いしたいなと思いました。そしていつもの気持ちよいお仲間との山登りは最高に楽しかったです。
お疲れ様でした!ごちそうさまでした!ありがとうございました!
書きたい事がてんこもりになってしまいましたが、最後に写真。城山から見た景色。
前の山の、緑がぽっかり空いた空間がハートマークでちょっとかわいかったのと(でもなぜ?)
早足で進んでいく健脚コースの山歩きで唯一撮れた山ツツジの写真です。

f0032049_18481540.jpgf0032049_18482779.jpg
[PR]
by sawakichi3 | 2006-04-15 19:49 | 旅行&自然

天城越え

f0032049_9171331.jpg

天城越えで有名な、浄蓮の滝です。天城は元々「甘木」なのだそうです。
宿の方から出して頂いた甘茶は、まるでお砂糖が入っているかと思うほど甘かった。
もちろん自然の甘みです。飲んで良し、ぬって良し。
体に浸透する甘さが本当においしかったです。

f0032049_9164782.jpg
初景滝(しょけいだる)という、宿に近い所にある滝です。
伊豆の踊子の像があります。滝のすぐ近くにもあるけど…

下の写真。これはおまけ。
f0032049_9172236.jpg


[PR]
by sawakichi3 | 2006-04-05 09:37 | 旅行&自然

来間島からの海です。

f0032049_21514190.jpg

去年行った宮古島。来間島(くりまとう)という、宮古島の前浜近くの橋を渡るとすぐに行ける島から撮った写真です。美しい。トルコ石と同じ色をした海でした。
私の誕生石はトルコ石です。昔はあまり好きではなかったのだけど、部屋に飾ったこの海の写真の前に無造作に置いたトルコ石のブレスレットが同じ色をしているのを見て最高に幸せになりました。今では大好きです。
ちなみに、私の持っているトルコ石は一色ではありません。↑な色です。


f0032049_21494336.jpg

これはイムギャーマリンガーデンという場所から見た夕陽。
ここの海もとても美しいです。満潮時になると容赦なく波がバサーッとかかってくる石の道を渡ってこの高台に行きます。(ちょっと怖かった)
高台にはちょっとした屋根のついた小さな休憩所みたいな所があり、
その屋根のてっぺんには牛がいます。宮古牛なのか…?不思議な光景でした。
色んな所を観光した後ホテルへ向かう途中で寄りました。
間に合うかな、どうかな…という微妙な時間帯でしたが(ちょっと道にも迷ったので)
なんのなんの。ばっちり。まさに、すべてはうまくいっている。
[PR]
by sawakichi3 | 2006-03-26 22:07 | 旅行&自然

うもれているのは…

f0032049_16192694.jpg…わたしです。
先週伊勢志摩にバスツアーで出掛けた時、一緒にいった友達の携帯で撮ってもらった写真です。

「これ(私のこと)自体がここから生えてきてるみたい」(雑草ですか…)

「観音様みたい」
(たしかになんだか何とも言えない顔…)
など、楽しいご意見を頂いた写真でした^^。

ここは恋路ヶ浜という海岸から近い菜の花畑。「畑」と呼ぶには少し小さな感じもしましたが、でも天気のいい中かわいい黄色い花がまとまって咲いていてとても爽やかな、晴れやかな気持ちになりました。

この後フェリーで伊勢志摩へ。
私のアナログなカメラで撮った写真もあるので
現像して何枚か載せられたらなと思います。
[PR]
by sawakichi3 | 2006-03-05 16:30 | 旅行&自然

ただいま

いい旅でした。
いやいやでも本当にいい旅でした。思いの外たくさんいるツアー客。意外と若い人もちらほら。
3人旅だったのでバスの座席が、他の3人組のグループと相席になっていましたが
ご相席のご夫婦と娘さんのグループはとても楽しい、優しい、気さくなご家族で最後には私たちに可愛い招き猫のお土産まで買って持たせて下さいました。ありがとうございました!

一日目。快晴。先週も走った東名。この日は富士山が見事に顔を出し
澄んだ空気の中雪化粧の富士山が(友達曰く「ウキウキして」見えたらしい)ウキウキしながらずっとその姿を包み隠さず見せてくれていました。海もきれい。浜名湖もとってもきれいでした。それから恋路ヶ浜というとても素敵な名前の浜を少し散歩して、菜の花畑で小休憩。
ちょっとだけ慌ただしい中フェリー乗り場へと向かい、バスのまま乗船。
約45分間の船旅。ちょっとした不思議現象にも出くわしつつ、気分よく伊勢志摩上陸。
夕食の前にゆっくりお風呂に入れるくらい早めにホテルについてリラックス気分へまっしぐら。
夕食もとってもおいしくてさいこうだなぁと思っていましたが。

夕食前に電話予約したリフレクソロジーの方の対応に愕然。
びっくりしましたがそういう自分にとって「?」と思う人や出来事を呼び込んだのは自分なんだなと、そんな程度のものを引き寄せてしまう自分のエネルギーの低さに反省。
いや、本当に反省。
一緒にいてくれた友達、本当にありがとう。お陰で目が覚めました。

お伊勢参りも充実でした。でも今回は、参拝そのものよりそこに至までの自分の心の流れや
外宮、内宮への辿り着き方、雨の状況が本当に一連の「流れ」として心に残ります。
当たり前の事かもしれないけど伊勢神宮、伊勢志摩には何か「ある」ような感じがしました。
また行きたいです。

帰りはひたすら高速で東京へ。このツアー自体この前に何回かやっていて
その経験によると帰りは渋滞にはまって21時どころか22時になってしまったりしたようで
今回も添乗員さんがそのように話して予想してくれていたのですが…
渋滞なし。東名も首都高もスイスイ。19時半に(予定を大幅に上回って)東京駅に到着。
渋滞で遅くなった時のために買い込んだ食料は家に帰ってから頂きました。

閉じた心を開くために最近私の中ではやっている事があります。
イナバウアー!あれはいいです。もうちょっと腰がやわらかくなったら写真で披露します。
[PR]
by sawakichi3 | 2006-02-26 23:58 | 旅行&自然

500文字

京都にいる間、携帯から送っていました。
500文字で貴船と鞍馬の話はしきれず…
言葉を選ぶのに大変でした。
でも規制があるのも悪くないのかもしれませんね。
その分努力しますから…

貴船神社(きぶねじんじゃ)は叡山電鉄の貴船口から2㎞歩いた所にあります。
2両編成の小さな電車です。進むにつれいつの間にか景色は「山」になっています。

母に行った事を話すと、昔京都に住んでいた時に私も行った事があったそうで。
私の記憶に残っている、誰も踏んでいないきれいな雪を触ったり踏んだりしたのは
もしかしたらこの貴船や鞍馬だったのかもしれません。
キュッキュという音は京都の記憶が非常に強い。
転勤で岩手に住んでいた両親の家にもよく行きましたから雪はその時も踏んでいますが
音が微妙に違うのを覚えています。

平日だったせいもあり、他の観光客とはほぼ会いませんでした。
だから余計、この山の神秘が際だっていたような気もします。

神社からお寺へ続くハイキングコース。
ハイキングコースなどという生やさしいものではありませんでした。
こんな事になると思っていなかったので私はエセ革靴に足を包み、片手がふさがる手提げ袋…
完全になめた格好です。
でも踏み入った道は紛れもない「山道」でした。しかも「雪の」山道。
山中に響き渡るほどの荒い息。はずかし。きっと山の神々もクククと笑われた事でしょう…

ただ名誉のために言っておきますが私は山登り好きです。
どちらかというと体育会系です。
どれだけ登ったか数えとけば良かった。(←そんな余裕はない)

途中で本気でやめようかと思ったりもしましたが一人だったから良かったのかもしれません。
誰かと一緒だと弱音を吐いて余計に足が進まなくなったかも。
修行僧の気分を少し味わいながら踏ん張って渡りきりました。
時間でいうとそんなに大した事ないんですけどね。

鞍馬寺は「宇宙」を感じるお寺です。
書いてある文字にも、「宇宙」「平和」が際立ちます。
鞍馬寺と共に一人一人の「心の平和」を願い、
日本の平和、世界の平和、地球の平和、宇宙の平和を願い、
生かされている命と繋がれてきた命の輪を想いました。

貴船神社も鞍馬寺も、決してたやすく行ける場所ではありません。
車やケーブルカーを使えば簡単に行けるかもしれませんが
でもたやすくないからこそ、辿り着けた達成感はひとしおなのかもしれません。
[PR]
by sawakichi3 | 2006-01-22 01:11 | 旅行&自然

貴船山と鞍馬山

叡山電鉄で貴船口へ。貴船神社まで2キロほどの道。 水の音。木々の枝に積もるパウダースノウ。風ではらはら落ちる枝の雪と水分のまじった澄んだ空気。凛とした冷たさと太陽の温もり。貴船神社の本宮の鳥居をくぐる。更に足を進めて奥宮へ。人気のない奥宮。雪を踏むキュッキュという音は懐かしい私の中の京の音。 貴船山から鞍馬山へ。神社と寺を繋ぐ山道は厳しい。気を鎮めて、息を整えて改めて先へ進む。目指すは鞍馬寺。杖をお借りし雪の山道を一人黙々と進む。 鞍馬寺にある「円」の中心に立つと不思議と太陽。謹んで頂きました。
[PR]
by sawakichi3 | 2006-01-20 23:01 | 旅行&自然



これからの活動、日々感じる事、ここで発信出来る事がたくさんあると思います。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
ブログ移行のお知らせ ♪
at 2014-04-11 08:08
春の嵐で舞う風と風邪
at 2014-04-06 23:24
新宿御苑の大きな空
at 2014-04-05 23:38
春、だなぁ
at 2014-04-04 12:36
エイプリールフールのウソであ..
at 2014-04-02 21:11
お気に入り
【新・fufu のHP】
藤本ゲンと希美の
「fufu」(ふふ)ページです。
アメブロです~^^
【旧・fufu のHP】
藤本ゲンと希美の
「fufu」(ふふ)HPです。
【ボイスセラピスト日野原希美】
表現始めて20数年。
あなたらしさを輝かせる
ボイストレーニング!
【Planetia(プラネティア)】
テクノミュージシャンKarkuと
日野原希美のユニット。
【Planetiaオフィシャルブログ】
こちらもチェック♪
【ショートカッツHP】
ショートカッツ石川氏作! CDのお申し込みは
「お問合せ」フォームから♪
【ショートカッツPV】
ショートカッツ石川氏作!
【Cosmic Angel】
希美が表現活動と同じ目的に向かってやらせて頂いているヒーリングの仕事です。
【希美のtwitterページ】
twitterを始めてみました♪
【希美 in myspace】
マイスペースに登録しました。CDとはちょいと違うアレンジも聴けます!
【世界のストリートチルドレンから】
希美がナレーションを担当させて頂いたgreentvの映像♪
【ありがたき幸せ】
ピアニストで旦那さんの
藤本ゲンのブログです♪
【恭加占い】
笑顔と元気を与える恭加占いの江口恭加さんのHP♪
【FUTURE WALKER】
日野原希美が関わっている映像関係のネットワーク。
【泣いたらあかん!ブログ】「貴楽屋座長」
岩本貴子さんのひとりごと。
【碧い月の部屋】
福島県三春にある
素敵な喫茶店。
【ゆったりリラクセーション】
さか・せいさんのブログです。心と体のリラックス。生きる上で大切なことの実践。
【明日も晴れ】
大木晴子さんのHP。平和への意思表示を続けてこられた方です。
【新・Karkuの戯れ言】
新ユニット『Planetia(プラネティア)』のKarkuさんのブログです!
【ひとりごとぶつぶつ】

心霊研究家である「やくにたてる」さん。ぜひぜひお読み下さい!
【哀川いそうブログ】
「哀川いそう」としてお笑いの世界にいる友人。
【ソロパッズ】
Karkuさんのお父様関係の会社です。こちらの靴下、
とにかくすごい!
【日々がさら】
喜多方公演に福岡からご家族で来て下さった(み)さんのブログ。
【クリック募金】
クリック一つで
救われる命がある。
【原発がどんなものか知ってほしい】
原子力発電所の現場で20年間働いてきた方の語る原発とは…
【イスラエル支援企業】
知らないってこわい。何気なく使ったお金は巡り巡って何に使われてるんだろう。
【憲法九条・メッセージ・プロジェクト】
ここで紹介されている小冊子、ぜひ読んでみて下さい。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
カテゴリ
ファン
お気に入りブログ
記事ランキング
外部リンク
以前の記事
検索
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧